ロボアドバイザーサービスの市場規模分析・WealthNavi(ウェルスナビ)、お金のデザイン、楽天証券、マネックス、FOLIO、SUSTEN(サステン)

ロボアドバイザーサービスの比較にあたり、主要企業の過去3年の市場規模の推移(契約件数ベースと契約金額ベース)をまとめました。

ロボアドバイザーサービスの市場規模

ロボアドバイザー 主要企業 市場規模 契約件数 契約金額

結果サマリ

総括

WealthNavi(ウェルスナビ)が市場シェアが大きく、また規模感に照らして、成長率も高くなっております。

一方でフォロワー企業に目を向けると、成長率では、マネックスやFOLIOが高い数値を示しており、今後、お金のデザインや楽天などと競争を広げることになるでしょう。

市場シェア

市場シェアでは、契約件数・契約金額ベースいずれもWealthNavi(ウェルスナビ)が圧倒的であり、2022年時点では、契約件数ベースで57%、金額ベースで68%となっており、2位のお金のデザインの同20%、14%を大きく上回っています。

20年→22年の年平均成長率(CAGR)

20年→22年のCAGRでは、契約件数ベースでは、マネックスが96%と非常に高い成長をしております(WealthNavi(ウェルスナビ)は同26%)。

金額ベースでは、マネックスが同じく、177%成長ですが、同様に高い成長率ではFOLIOが154%となっております(WealthNavi(ウェルスナビ)は同65%)。

顧客一人当たり契約額

各社ともに顧客一人当たりの契約額は増加傾向です。

WealthNavi(ウェルスナビ)は2020年は1.16百万円であったのが、2022年には1.97百万円となっており、顧客が積立投資で資金を追加投入をしていることや、運用成績に満足したことで追加の資金投入をしていることが考えられます。

マネックスが突出しており、2.68百万円となっております。

データの出所

日本投資顧問業協会の統計資料のラップ業務を提供する各社の契約資産状況(契約件数と契約金額)を参照しています。

2022年6月末、21年6月末、20年6月末の三か年のデータを利用しています。

それ以前については、個社別の契約件数や金額については開示されておらず(個社データを確認できるのは最新年のみ)、データアクセスに制限があること、また、3年以上前になると市場規模や参入企業が少ないため、有用性が低いと考えました。

参考・ラップ業務

投資顧問業務(投資一任契約に係る業務又は投資助言業務をいう。)に係る報酬と売買執行手数料、口座管理料等の手数料を運用資産残高に応じて一括して徴収する契約を顧客との間で締結し、その契約に基づいて行う業務

出所:日本投資顧問業協会

対象とした企業

ロボアドバイザーは、現在10社超のサービスが提供されていますが、市場黎明期ともいえる状況です。

今回は日本ので最も高いシェアを誇るWealthNavi(ウェルスナビ)が主要5社と考えている、お金のデザイン、楽天証券、マネックス、FOLIOに加えて、筆者がサービスを利用しているSUSTENを追加しています。

算出の軸

データとして、契約件数と契約金額と2つの指標があったため、双方をグラフ化しました。

市場が成熟してくれば別の切り口もあるかもしれませんが、現時点ではこの2つが市場のプレイヤーを把握するのに最もよい指標でしょう。

関連記事

ロボアドバイザーサービスの運用成績の比較については以下の記事をご覧ください。

WealthNavi(ウェルスナビ)・FOLIO ROBO PRO・SUSTEN(サステン)の投資ロボアドバイザー比較【運用実績公開】
本記事では、ロボアドバイザーの概要と、WealthNavi(ウェルスナビ)、FOLIO ROB PRO、SUSTEN(サステン)運用実績をまとめていきます。

参考文献

日本投資顧問業協会 統計資料
https://www.jiaa.or.jp/toukei/

契約資産状況(最新版)(2022年6月末現在) ラップ業務https://www.jiaa.or.jp/toukei/pdf/r/202206wrap.pdf

契約資産状況(2021年6月末現在) ラップ業務
https://www.jiaa.or.jp/toukei/pdf/r/202106wrap.pdf

契約資産状況(2020年6月末現在) ラップ業務
https://www.jiaa.or.jp/toukei/pdf/202006wrap.pdf

ラップ業務に関する業務運営基準
https://www.jiaa.or.jp/profile/pdf/kisoku/wrapgyouun230323.pdf

ロボアド市場、1兆円に迫る=働く世代の支持集める-22年3月末
https://financial.jiji.com/long_investment/article.html?number=210

コメント

タイトルとURLをコピーしました